私たちのアイデンティティー

All Nations Fellowship (ANF)は、名古屋のバイリンガルのインターナショナル教会です。私たちは名古屋エリアで複数の拠点で二ヶ国語礼拝をもち、名古屋広域で神様の恵みを日本と世界に広めるために奉仕している、福音中心のクリスチャン教会です。

我々のビジョン

私たちは神様の霊が働いて、名古屋、日本、そして全ての国々がキリストの栄光のために造り変えられて行くムーブメントを見たいと願っています。

ミッション

イエス・キリストの福音を宣言し、福音を教え、福音に生きることによって名古屋中で弟子を作り、リーダーを育て、教会開拓をすること。

私たちのコアバリュー

1)福音中心ーANFは福音がすべての人に救いを得させる神の力であると信じています。福音によってクリスチャンは生まれ、また福音によってクリスチャンは成長します。私たちはその教えと実践が全て聖書におけるイエス・キリストの福音を土台としているべきであると信じています。

2)教会開拓ーANFは名古屋周辺地域において新しい教会を開拓して行く事にコミットしています。私たちは意図を持って都市周辺の複数の場所で集まり、また地域の方々に仕えて行くためにイベントは全て多言語に訳されます。

3)国々ー私たちの主な狙いは名古屋周辺での教会開拓ですが、同時にANFは自分たちの都市を越えて祝福となることを願っています。私たちは名古屋以外の国内の地域や、また世界でキリストの栄光のために福音が宣言されていくことを求めています。

スタッフ紹介

Jeremy Sink

ジェレミー・シンク(エルダー)

ジェレミーシンクさんは2015年1月にANFの代表牧師となりました。彼と彼の妻であるジーナさんは、2012年にMission To The Worldの教会開拓のチームの一員としてノースカロライナから日本に引っ越してきました。ジェレミーさんは1995年にノースカロライナ州のシャーロットにてメカニカルエンジニアリングの単位を取得し、2001年には改革派神学校にて神学の修士号を取得しました。彼はアメリカの長老派教会団体であるPCAに認定された牧師で、日本の宣教のために神様に日本に導かれる前には、12年間ノースカロライナ州のシャーロットで教会開拓をする牧師をしていました。ジェレミーさんとジーナさんには3人の息子がいます。ジョシュは16歳、ジョサイア13歳、ギャレットは10歳です。彼らは神様に仕えるために残りの人生を名古屋で過ごす予定です。

「私たちは、イエス・キリストによってのみ見つけられる素晴らしい愛と希望を人々に伝えるためにここにいます。私たちは、さらに、クリスチャンが信仰の中で成長し、新しいリーダーたちが名古屋の別の場所に境界を開拓するために送られることを望んでいます。ANFは、これらの目的のために戦略的です。この教会では、すべての類の人たちが歓迎され、神の恵みによって多くの人が変えられる可能性を秘めた教会です。」

Paul Kang

ポール・カン(エルダー)

ポールさんと優さんは、キリスト神学校のミッションチームの一員です。CBIは、キリスト聖書神学校の親団体で、日本でクリスチャンのリーダーや牧師を養成しています。ポールさんはANFの長老であり、またCBIのチャプレンと通訳者としても仕えています。優さんは日本の名古屋出身の日本人で、若い母親たちと子供たちのミニストリーを導いています。カンさんたちの2人の子供の名前はイサク・スーン(イエス様がすぐに再臨するようにと願いを込めて)・カンとサラ・フェイス(信仰によってのみ救われるという意味を込めて)・カンです。名古屋で仕えるカン一家のために祈ってください。

「神様は、ご自身が望まれれば私たちの助けなしに完璧に自らの計画を達成できる方であると私は信じていますが、喜びを持って自由に神様の計画に参加できる特権を神様が与えてくださっています。神様が与えてくださっているその自由と愛は、私たちの期待をはるかに超えています。この自由と愛こそが私たちは神さまに従わせる強い動機となっているのです。神様とイエスキリストの十字架を通じて、神様が私たちの想像を超えて私たちを愛し私たちに与えてくださることを思い出す時、私たちは自分たちの想像を超えて神様を愛し神様に使えることができるのです。」

 
Yu Eguchi

江口 悠(教会開拓訓練生)

悠は18歳の時に公園で餅つきをしている時に宣教師と出会ったのがきっかけでアメリカへ行くこととなり、2005年にアリゾナ州のツーソンにいた時にクリスチャンになりました。その翌年から神奈川県平塚市にある大学生伝道カフェ「Jロッジ」の立ち上げに関わり5年間マネージャーを務めました。

麻子はヨガのインストラクターの資格を取得するためにアメリカへ行き、2011年にカリフォルニア州のアーバインでクリスチャンになりました。キリスト聖書神学校で行われている丸屋真也先生によるカウンセリングクラスを全て修了し、IFM認定カウンセラーの資格を取得しています。

二人は2011年にキリスト聖書神学校で出会い、2014年2月に結婚し、同年8月に神学修士号過程を修了し、同年11月には娘である憩(いこい)が生まれました。現在は三人で名古屋市に在住しています。

家族としてキリストにある弟子を育て続けていく働きに注いでいきたいと願っています。

ANFのミニストリー

 

スモールグループ

午前礼拝の長久手及び午後礼拝のCBIそれぞれ、日本語と英語のスモールグループが月2回あります。ミーティングでは、大抵の場合、その日の礼拝メッセージについてのいくつかの質問事項についてディスカッションを行います。その後で、祈りのリクエストのシェアをしたり、お互いのために祈ったりします。ミーティングの多くは、ランチやディナーをしながら行います。

グループに参加してみたい方は、ANFまでご連絡ください。

Small Group

幼児ミニストリー(4才以下)

幼児ミニストリーを始めました。説教の時間に小さなお子さん連れのご両親が話を聞くことができるために奉仕者が別室でお子さんたちの相手をしてくれます。

現在ボランティアを募集しています。4才―12才の日曜学校の教師の増員が必要です。さらに日本語と英語の通訳も必要です。時間は、礼拝が行われている間で、月に一回です。興味のある方は、ポール・カングさんまで連絡してください!

Children's Ministry
 

バイリンガル子供の日曜学校 (4才ー11才)

毎週の日曜日(毎月最終日曜日のファミリーワーシップ以外)には、子供のための学びの時間があります。家族は一緒に礼拝に参加しますが、聖書のメッセージが始まる前に子供達が別のお部屋で聖書の学びをしに行きます。先生の母国語が英語であっても、日本語の通訳が付きます。楽しいですよ。。。どなたでもどうぞ!

Small Group
 

バイリンガル中高の学び(12才から)

第1と第3の日曜日には、中高のための学びの時間があります。朝9:30から大体10:15までです。その後、中高生も大人と一緒に礼拝に参加してもらうことは大歓迎です。(春、夏、冬休みにあわせて、休むこともあるので、事前にご確認ください)

Children's Ministry

ポットラック持ち寄りランチ

基本的に2ヶ月に一回、ANFで日曜日の礼拝の後に持ち寄りパーティーをやっています。詳しくは「イベント・Events」ページをご覧ください。

Small Group
 

ファミリーワーシップ

ANFは家族と子供達をとても大切にしています。毎月の最後の日曜日は「ファミリーワーシップ」と言って、子供達は日曜学校に参加せず、親と一緒に大人の礼拝に参加する機会を持っています。この日はANFの中から一人が証を通して神様が働いておられることを分かち合います。その日の説教者は家族と子供たちを考えて適切な説教を準備します。また、礼拝の最後にはイエスキリストを覚えて聖餐式を行っています。

Children's Ministry